酒類・食料品問屋 株式会社調味商事 調味商事Webショップはこちら。

 お客様の期待の一歩先行くご提案をしなければ、本当の「満足」を感じてはいただけません。
弊社は創業以来、常にこの意識でお客様とお付き合いし続け、はや50年を超えました。
変化の激しい食品流通の世界では、ユーザー様の要望が目まぐるしく変化していき、その供給元に課される使命は、ニーズの変化の速度についていくことのみならず、そのさらに一歩先を行くことです。
 単に需要を満たすための供給に甘んじることなく、常に提供する商品やサービス・ご提案に付加価値を付け加えねば、本当の「満足」を勝ち取ることはできないと考え、弊社では常にお客様のご期待の一歩先を追及しております。
 こうした思いは、弊社得意の商品開発にもつながっており、今や全国的なブーム「ご当地グルメ」の嚆矢となったレトルト商品「よこすか海軍カレー」は、調理が簡便で低価格な食料品としてのレトルトカレーを、一挙に本物志向の商材へと変化させました。
その他、横須賀お土産コンテスト2010で金賞を受賞した「黒船シチュー」をはじめ、各種オリジナル商品の開発・展開にも、お客様の期待の一歩先を狙った意識が実績として表れていると考えています。
 これからもお客様の驚く顔。そして驚きの直後に現れる本当の「満足」を示す笑顔を楽しみにしながら日々精進していきたいと考えております。
株式会社調味商事 代表取締役 瀬戸映男(セトテルオ)
プロフィール
 昭和26(1951)年 神奈川県小田原市生まれ。
関西学院大学商学部卒業後、野村証券株式会社入社。 本店営業部で外国人投資家による信用取引のマーケットを開拓。
 昭和56年(1981)年、株式会社調味商事入社後、「三浦メロンワイン」など時代に先駆けた地産地消商品の開発を行い、平成10(1998)年に代表取締役に就任。
 翌、平成11(1999)年には「よこすか海軍カレー」のレトルトカレーを開発し、一気に全国規模に商圏を広げた。 現在は「よこすか海軍カレー」商標を管理する「カレーの街よこすか事業者部会」の部会長をつとめている。 海の幸豊かな小田原・横須賀に縁が深いことから、変わり種干物研究家という顔も持つ。 座右の銘は「良い仕事は良い家庭から